このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームとリノベーション

理想的なリフォームとは?

リフォームと言うと、今ある家を修復すると言うイメージが強く、どうしても新築に対して程度が落ちてしまうと言った印象が強いのです。
しかし、最近のリフォームは、まるで新築のような仕様スタイルも多く、決して新築に引けを取りません。
そこで、理想的なリフォームとはどういった家づくりなのか、最近のリフォーム事情を照らし合わせながら紹介しましょう。


掲載記事の参照元
千葉・柏市のリフォームのご用命は株式会社ドリームリビングへ - 株式会社ドリームリビング


リフォームをしたいと思うことが多い場所

 

まず大事なのはどこをリフォームしたいのかについてです。
一番よく使う場所で老朽が激しい所や生活をしていて不便に感じる所があると思いますが、その場所こそが今まさに改善を必要としている箇所なのです。
毎日使っているのは水廻りが多く、お風呂やトイレ、キッチン等は集中的に直す必要が出てきます。
元々劣化しやすい場所でもあるので、メンテナンスが簡単な素材を使った方法が必要でしょう。
又、荷物が多いという人が悩むのが、収納が少ないと言う点です。長く住めば済む程荷物はどんどん増えてきますので、収納の数も増やさなければなりません。備え付けられた収納棚だけでは足りないと言うのが現状なのです。
しかし、購入したタンスや収納ボックスを設置するとなると、部屋スペースが狭くなってしまうので、空いた空間を活かして収納棚を増やすと言った方法も取り入れたい所です。
そしてリビングは家族が一緒に集まる空間ですから、とても落ち着ける場所にするのが大事で、そのような団らん空間に改善したいと思うでしょう。
壁紙やフローリングの張替だけでも十分に部屋の雰囲気がガラっと変わります。
将来的な事を考えると、住人が高齢になって、今まで普通に出来ていた事が体の機能の低下によって、上手く生活出来なくなってしまうことになり、ちょっとした段差で転倒や骨折をしてしまう恐れもあります。
これらの事を重視しながら計画を立てていくのです。


住まいの状況シートを作る

 

現在の家の状況を細かくチェックシートに記入していきます。
そして、生活をする上で困っていることや不便なこと等もチェックしていきます。
家族で話し合った結果、リフォームしたい事を優先順位を付けて書き込んでいくことで、最も○が多い項目こそが家族にとって必要なことと言えるでしょう。
これらのチェックシートは、実際に行う上で業者との情報交換にもなりますので、事前にまとめておくといいですね。
又、業者に対する質問等も箇条書きにしておくと忘れずに聞くことが出来るので、問題点もいち早く解決することが出来ます。
住まいの状況シートを作って施行した家の8割以上が満足していると言う回答があっただけに、理想的な家づくりには欠かせないのです。


Pick-Up Topics

マンションリフォームマネージャーとは

 

マンションをリフォームする際には、一般の家庭とは違う設計の為、特殊な施行の元に工事を行うことになります。
その為、マンションリフォームマネージャと言われる人の存在がとても大事になってくるのですが、一体このマンションリフォームマネージャーとは何なのでしょうか?


簡単に説明すると、マンションに住む人の実際の住まいの部分に対しての提案や設計、工事、施行管理を行う専門資格を持っている人の事を指します。
この資格は、平成4年に国土交通省の指導の元にスタートした資格で、現在1万人程が資格を所持し、現場にて活躍しています。

「マンションリフォームマネージャーとは」の続きはこちら

住宅のバリアフリーリフォーム

 

今は若くても、将来的な事を考えると住人も高齢になり普段出来ていた事が出来なくなってくる、そんな日はそう遠くは無いのです。
リフォームを考える上で、住宅だけが老朽化するわけではなく、そこに住む人も加齢になってくることを考慮した上でのリフォームが大事でしょう。
そこで、最近話題となっているのがバリアフリーリフォームです。


配慮対策等級とは、高齢者や障害者が移動の際に安全かどうかの配慮をした処置の度合いであり、介助の容易性に配慮した処置との組み合わせによって判断されます。
等級の度合いは5〜0で表示され、等級0は今住んでいる状態を示します。

「住宅のバリアフリーリフォーム」の続きはこちら

倒壊防止のためのリフォーム工事

 

住む家を頑丈にする事も大事な要素ですが、その家が建っている土地が傾斜面にある等といった立地条件になると倒壊のリスクが高まります。
又、大震災等によって倒壊してしまう恐れがあります。
そこで、リフォームする際には、こういった立地条件も考慮しながら、リフォームを考えなければなりません。
そこで、倒壊防止の為のリフォーム工事とは一体どんな点に注意しなければならないのでしょうか?


地震で怖いのは、家具の倒壊による住人のケガであり、最近ではタンスや家具の転倒から守るようなつっかえ棒グッズ等が販売されていますがこれだけでは安心出来ません。

「倒壊防止のためのリフォーム工事」の続きはこちら